片付けが苦手なワーママ、モノトーンインテリアをめざす

片付け下手なワーキングマザーが「片付けなきゃ」というプレッシャーから解放されるべく、楽に、いつでも人が呼べるようなすっきりしている「やわらか」モノトーンインテリアを目指しています。ときどきディズニーや映画ネタなども。

子連れ内覧会のメモ

今回、新築マンションを購入した我が家ニコニコ

間取り図だけで決めたマイホームに初めて入れる内覧会はすごく、すごーく楽しみだったのですが、内覧会なんて初めてだったのでとても緊張しましたガーン

特に、小さいお子さん連れの場合はいろいろと気を使いますあせる

我が家は6歳♀、4歳♂、7ヶ月♀を連れて10月下旬に内覧会に行ってきました電車
私が気をつけたことなどをまとめてみようと思いますウインク

合格当日の持ち物合格
1.チェックリスト
これは子連れかどうかは関係なく用意される方が多いと思います照れ
「内覧会 チェックリスト」で検索すればたくさん出てきますので、いくつか見て、ご自分にあっているものを使われるといいかとメモ

2.メジャー
各部屋やクローゼット、棚のサイズを測りますレンチ

3.カメラ
各部屋の写真を撮りますカメラ
家具を選ぶときに床やクロス、建具の色などを家具屋さんに伝えるときもわかりやすいですニコニコ
写真と実際目で見たのとでは色味が違うことがよくあるので、撮った後は必ず確認しながら撮りました目

4.筆記用具

5.間取り図
採寸結果を書き込むのに使いましたニコ

6.一口サイズのおにぎりや飴、ストローで飲める飲み物
内覧会は意外と時間がかかります時計
我が家は4LDKですが、お昼休憩を挟み、9時半~17時までかかりましたあせる
特に小さいお子さんは途中でおなかがすいてしまうと思いますニコ
パンやビスケットなどは食べかすが散らかりやすいので、パクッと口に入って、手も汚れにくい、一口サイズのおにぎりや飴がおすすめですおにぎ
飲み物もペットボトルそのままだとこぼれてしまう可能性があるので、ストロー付きの水筒などがよさそうですニヤリ

7.絵本やゲームなどのおもちゃ
子供の時間つぶし用ですが、子供が親無しで、1人で座って遊べものがよいかとニコニコ
絵本は小さい子供だと「読んで~ドキドキ」と呼ばれちゃうかもしれないので、そこは年齢に応じて本
DSやスマホなどのゲームで遊ばせる方が多いようです照れ
うちはスマホを渡しましたが、立って遊んで落として傷をつけたら大変なので、座って遊ばせましたスマホ
DSやスマホの充電も忘れずにロボット

8.暖かい服装
入居前のおうちは思いの外、冷えますあせる
特に11月、12月など冬はエアコンもないので、部屋の中でもコート脱げない日もありますガーン
うちは床暖房付きの家でしたので、事前にお願いして当日は床暖房を付けておいてもらいました!
これが大正解ひらめき電球
暖かくて作業しやすく、マイホームの妄想に浸れました(笑)
スリッパの用意がしてもらえない場合は、持参されることをおすすめしますくつ

合格当日合格
内覧会の流れは、我が家の場合、
受付
 ↓
部屋へ移動し、設備説明&内覧
 ↓
チェック結果を書面で確認&確認会スケジュール調整
 ↓
お昼休憩(1時間ほど)
採寸
という感じでしたベル

設備説明はすごく簡単で、というかどれがどのリモコンかを教えてもらっただけで、使い方を質問すると「詳しいことは入居時にお渡しする取り扱い説明書を読んでもらえれば~」という回答ばかりでちょっとがっかりでしたダウン

ちなみに、内覧会について調べ始めた頃、建築士さんなどに同行してもらう人もいるというのを聞いてびっくりしました!

いろいろ調べて迷ったのですが、
・マンションでは、専門家を同行してもマンションの構造自体をチェックすることは少なく、内装の仕上がりチェックが中心
・マンションでは、傷や汚れ以外は、アフターサービスで直してくれることが多い
・業者がたくさんありすぎて、よい業者もたくさんあるけど、よろしくない所も多々あり
ということがわかりました汗
こういう状況で、数万円かけてお願いしたほうがよいのかどうかと考えた結果、我が家はやめました照れ
ただ、フローリングコーティング業者さんがサービスで内覧会同行してくれたりする場合もあるそうです照れ
もしお金をかけずに可能ならお願いしていたと思いますアップ

でも自分たちでチェックした結果、指摘箇所は50ヶ所くらいでしたメモ

といっても全体的にはすごくキレイに仕上げていただいていたのですが、物をぶつけたりしたような細かい傷、黒ずみ、天井のデコボコ、クローゼットのドアの開閉時の異音、洗面台扉内仕切りの歪みなど、ちょっとした事を細々とお願いしてしまいましたガーン
内覧会ではデベロッパーと施工業者さん2人が立ち会ってくださったのですが、こちらの質問にも快く答えてくださり、とても気持ちよく内覧させていただきましたおねがい

子供たちには、「壁の黒いところを1つ見つけてね~キラキラ」といってゲーム感覚でやってもらいました照れ

上の2人は、初めの頃は「ここ、傷があるよ~ビックリマーク」と教えてくれたり、「ここが私の部屋~クラッカー」と楽しそうにしていましたが、お昼までもたず笑い泣き
(一番下は、私がずっとエルゴで抱っこしてました)

お昼休憩後に戻ってゲームにも早々に飽き、結局ダンナさまに子供を連れ出してもらい、採寸は私1人あせる

引っ越す前にありとあらゆるものの収納場所を決めておきたいので、全ての棚のサイズを測りたかったのですが、キッチンだけでほぼ時間終了くもり
LDの壁面収納を置く場所と、カーテンレールのサイズだけ急いで測って終わりになりましたガーン

子連れで内覧した感想ニコニコ
「子供を長時間預かってくれる人がいるなら、なるべく親だけで行くべし!!
業者さんと話してるときもいろいろ話しかけてきますし、引き渡しまではデベロッパーさんの持ち物ピエロ
もしどこか間違って傷つけたら大変!と思い、子供のことを気にしつつのチェックだったので、せわしなかったですキョロキョロ

我が家の内覧会は平日だったので、子供たちを保育園に預けることもできたのですが、「新しい家を子供にも見せたいキラキラ」というダンナさまの強い希望で連れて行きました。
でもダンナさまも終わったあと、「子供を連れて行くのは確認会(内覧会でチェックした箇所が直っているか、後日確認する会)でよかったなチュー」でしたてへぺろ

あと、内覧会前に子供に言っておいたことニコ
「これから見に行くおうちのトイレは使えないから、行きたくなったら早めに教えてね照れ
これは結構大事だと思います!
内覧会ではまだトイレは使えないので、共有のおトイレを使わなければいけないのですが、家から離れていることもあるのであせる

ずらずらと書いてしまいましたが…
一部でも、どなたかのお役に立てましたら幸いですおねがい

最後までお読みいただき、ありがとうございました照れ