片付けが苦手なワーママ、モノトーンインテリアをめざす

片付け下手なワーキングマザーが「片付けなきゃ」というプレッシャーから解放されるべく、楽に、いつでも人が呼べるようなすっきりしている「やわらか」モノトーンインテリアを目指しています。ときどきディズニーや映画ネタなども。

収納にすき間があると「もったいない」と思うダンナ

私が収納&片付け&インテリアに目覚めたのは、かれこれ5年前。

どこで知ったのか、全く覚えてないのですが、「もったいない」精神が災いして何年も着ていない洋服を捨てられなかった私ニコ
こんまりさんの本を読んで、捨てたい衝動に駆られてもガマンして理想の暮らしを思い描き、服&靴だけで45Lゴミ袋20袋以上捨てられたのは、本当に衝撃でした照れ
 
おかげで今は、片付け祭り前は思いもしなかった、衣替えなしの生活音譜
こんまりさんの言うとおりに楽チン生活を送っていますアップ
 
ただ…それは、服に関してのみあせる
 
それ以外はまだまだ片付け祭り真っ最中です汗
ほんとは「短期間に」やらなければいけないのですが、子供がいたり、持ち前のもったいない精神が頭をだしてなかなか進めませんショボーン
 
でも「ときめかないものに囲まれているほうが幸せとはいえない」ということに気づいてから、ときめきジャッジをする前に「収納スペースが空いてるからここには何を入れよう?」という考えは全くしなくなりましたニコニコ
そして、素敵なインテリアをされているみなさんのように、空いてるスペースにはときめくものを飾りたい!と思っていますラブラブ
 
うちのダンナさまは正反対。
キレイ好きではあるのですが、物を捨てるのがもったいない派。
収納スペースに少しでも空きがあると「ここ、空いてるなぁ!何か入れようか」と。
もちろん、自分の持ち物のときめきチェックはせず、収納スペースに押し込んで、もし入らなかったら捨てるものを考えようという気持ちニコ
こんまりさんと出会う前の私です汗
 
そして、今の課題は、そんなダンナさまにも、ときめかないものとさようならした後のこのすっきり感を、どうやったら味わってもらえるかということぼけー
 
新居に引っ越す前に、私なりにできる限りのときめきチェックを行い、ダンナさまの私物以外の梱包&開梱は私が全部やりましたもぐもぐ
引っ越し後、一週間は育休中でしたが、3人のちびっ子がいるとなかなか進まず…
 
復帰した後、こつこつとやって、とりあえず私がわかるものはやっとダンボール片付け終わりましたショボーン
引っ越してから5ヶ月も経ってからですがグラサン
 
ダンナさまはというと、連休も、夏休みにも、全く手をつけず…
 
空いてる時間は、ちょこっと家事をやって、ちょこっと不動産収入のことをやり、あとはひたすらスマホのゲーム。
去年から、売ると言っているマンガおよそ200冊
(とっておくマンガも同じくらいあります汗)、ガンダムグッズなどなど。
それらも2年以上、そのまま…
 
早く、使わないばかりか、手放すものを置いておく場所がもったいないということを悟ってほしいですニコ
どうすれば気づいてくれるでしょうか…
 
どなたか、いいアイディアを教えてくださいぼけー