片付けが苦手なワーママ、モノトーンインテリアをめざす

片付け下手なワーキングマザーが「片付けなきゃ」というプレッシャーから解放されるべく、フルタイムで働きながらいつでも人が呼べるような、すっきりした「やわらか」モノトーンインテリアを目指しています。ときどきディズニーや映画ネタなども。

【ずぼらさんに朗報!もちろんおしゃれ!】ゴミを同時に「吸って」「拭き取る」スティック掃除機をシャープが発売!

f:id:kikujiro_happy_home:20180115140302j:plain

※画像はシャープさんHPからお借りしました。

 

「ワイパー掃除機」発売

こんにちは、きくじろうです。 

 

ずぼらさんに朗報です!

 

2018年1月18日、シャープから1台でゴミを吸って拭き取るスティック掃除機が発売されるます!

 

名前は、ワイパー掃除機EC-FW18

www.sharp.co.jp

 

しかもこれ、1台でできるだけでなく、ゴミを「吸う」のと「拭く」のを同時にできるんです。

 

いいところがたくさん!

この掃除機のいいところがたくさんあります!

 

「吸う」と「拭く」を同時にできる

さきほども少し書きましたが、 この掃除機は「吸いながら拭ける」んです!

この「ながら」というのがポイントです。

2つのことを1つの動作でできるなんて、まさに私みたいなずぼらーのためにあるものではありませんか!(笑)

 

ルンバを買ってからスティック掃除機がほしいと思っていたのですが、これなら子供が食べこぼしたところをささっと掃除したいときにピッタリです。

 

ウェットシートもドライシートも使える

このワイパー掃除機は、いわゆる「お掃除シート」のウェットタイプドライタイプどっちも使えるそうです。

 

ダイニングキッチンなど、ベトベト汚れが多いところではウェットタイプ洗面所ではドライタイプという使い分けもできますね。

 

軽くてコードレス

なんと、重さは約1.3kg

スティック掃除機の大手製品と比較すると、ダイソン2.6kg、軽くて使いやすいと言われている東芝のトルネオでも1.9kgなので、この軽さは驚きです。

 

マキタ1kg前後なのでマキタほどではありませんが、白物家電大手メーカーと比較すると大きなアドバンテージとなるのではないでしょうか。

 

もちろん、コードレスです。

 

ハンディもOKな2way

持ちてのパイプを取り外せば、なんとハンディスタイルにもなるんです。

 

f:id:kikujiro_happy_home:20180115145103j:plain

※画像はシャープさんHPよりお借りしました。

 

階段や細かい部分も簡単に掃除できますね。

 

ダストボックスタイプ

紙パックを使わないタイプで、ダストボックスもフィルターもまるごと水洗いできます。

 

ブラックとピンクの2色

f:id:kikujiro_happy_home:20180115145519j:plain

 

色も、ピンク系ブラック系の2色。

モノトーンインテリアを目指している私が好みの色合いはもちろんブラック系です☆

 

お値段も素敵!

しかも、なんとオープン価格と書いてありますが、想定価格はなんと、1万5000円!

マキタの売れ筋モデルも1万3000円ほどなので、大手メーカーのスティック掃除機がこの価格で手に入るというのは、かなり魅力です。

 

とっても気になる存在

こんなにメリットだらけでしかもおしゃれだなんて、とっても気になる掃除機です。

 

ただ、音やお手入れのしやすさ(ダストカップにたまったゴミの捨てやすさ)などはよくわからないので、今度、お見せでチェックしてきたいと思います!

 

 

RoomClipやってます☆

roomclip.jp

 

 

ランキングに参加しています。

ポチしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村