片付けが苦手なワーママ、モノトーンインテリアをめざす

片付け下手なワーキングマザーが「片付けなきゃ」というプレッシャーから解放されるべく、フルタイムで働きながらいつでも人が呼べるような、すっきりした「やわらか」モノトーンインテリアを目指しています。ときどきディズニーや映画ネタなども。

マンションの間取り(プラン)を選ぶポイント〜こだわってよかった点〜

間取りでこだわってよかった点

こんにちは、きくじろうです。

 

ちょうど3年前、今住んでいるマイホームの契約をしました。

 

我が家は子供が3人いるので、探した間取りは4LDK

 

なかなか4LDKのマンションが少ない中、うちのマンションは約800戸の大きなマンションだからか、4LDKのプランも5種類ほどから選べました。

 

その中で、実際に2年間住んでみて、間取り(プラン)を選ぶときにこだわってよかったと思う点をご紹介します。

 

造り付け収納が多い

他の部屋と比べて1番気になったのが、リビングダイニングの造り付け収納の多さです。

 

f:id:kikujiro_happy_home:20180227083241j:image

ダイニング側の壁に、こんな感じに収納棚がついています。

 

右側(手前)は奥行きが浅く、食器をしまうのにぴったり。

左側(奥)は奥行きがあり、物置代わりに使えます。

 

物の多い我が家には、収納場所が多いのは大助かりです。

 

収納家具を後から買い足すと、建具や他の収納家具とのバランス(色や大きさ)が難しかったり、ぴったりのサイズのものを探すのが大変です。

色やデザインのバランスに関しては、同じメーカーでそろえればいいのでしょうが、メーカーを限定するとサイズが合わなかったときに困ります。

また、私も主人もインテリア音痴なので、どういう家具を買ったらバランスがいいか、わかりません(笑)

 

この大容量の収納のおかげで、子供部屋や寝室以外の収納家具は、パモウナの壁面収納以外買わずにすみました。

 

洗面所の広さと洗濯機との壁

また、他の間取りと違うところは、洗面所の広さも挙げられます。

f:id:kikujiro_happy_home:20180227093109j:image

お風呂場から見た洗面所。

洗濯機と洗面台が並んでいるので、床面積も1.5倍くらい。

 

これだけあれば、子供3人+私が体をふいたり着替えたりしても余裕があります。

洗濯機の前で着替える必要もないので、週末に子供たちが持ち帰った洗濯物の山があっても、お風呂あがりにも困りません☆

 

また、洗面所と洗濯機の間に壁があるので、来客時に目隠しになります。

ここに壁があるのは内覧会で初めて知ったのですが、生活感の出やすい洗濯機周りを隠せるのは嬉しい誤算でした。

 

キッチンの窓

f:id:kikujiro_happy_home:20180227140645j:image

 実は、キッチンの窓はずっとあこがれていたのですが、一軒家に住むつもりがなかったので、あきらめていました。

(主人も私も、一軒家のメンテナンスをできる自信がなかったのです(笑))

 

でも、今の家の間取りだけはキッチンに窓がありました!

優先度は低かったのですが、実際に住んでみると、キッチンに窓があると気分が明るくなります。

 

特に

天気のいい晴れた日には、かなりすっきりした気分でごはんの用意ができます!

家事が苦手な私にとっては、想像以上に効果が大きく、キッチンに立って朝の光を浴びると「がんばろう!」という気になります(笑)

 

こだわる点は人それぞれ

人によってこだわりのポイントはそれぞれだと思います。

私は、こだわったものの、実際に住んでみて「別にこだわる必要がなかったな・・・」というところもあります(汗)

 

これからおうちを探す方の参考になると嬉しいです!

 

 

◆RoomClipやってます。

 他の方の素敵なおうちの中がたくさん見れます☆

roomclip.jp

 

 

◆ランキングに参加しています。

 ポチしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村