収納

冷蔵庫の野菜室収納には『ダイソー』紙袋を

めんどくさがりの私。

気をぬくと冷蔵庫の野菜室にはしなびた野菜たちが散乱しています。

きくじろう

ダンナさまにナイショで腐らせた野菜を捨てたことも何度もあります!(笑)

簡単に、パッと見てどこにどんな野菜があるのかがわかるように整理する方法を探しました。

この記事でわかること

  • 冷蔵庫の野菜室を簡単に整理できるアイテム
  • 野菜を腐らせないように収納する方法
  • ダイソーの商品を活用する方法

野菜収納用のダイソー紙袋

f:id:kikujiro_happy_home:20181210084429j:image

どなたかのブログで知った、ダイソーのストック袋。さっそく買ってきました。

製品名は「紙製ストッカー」。

モノトーンなんて素敵!!

きくじろう

収納アイテムでも、使っている色の数が少ないと片付いて見えます。

サイズは2種類

f:id:kikujiro_happy_home:20181210184402j:image

大きさは2種類。

  • 小:幅28cm×縦18cm
  • 大:幅32cm×縦37cm

底のマチは、どちらも10cmです。

きくじろう

さい方は横長きい方は縦長です。


f:id:kikujiro_happy_home:20181210184420j:image

ちょっと見にくいですが、使用例として冷蔵庫内の仕切りとしても記載されています。

きくじろう

製品の使用目的どおりに利用するということは、製品の機能がマッチしているということなので安心です。

2種類のデザイン入り


f:id:kikujiro_happy_home:20181210184433j:image

大も小も2枚入りですが、どちらも異なるデザインの紙袋が入っていました。


f:id:kikujiro_happy_home:20181210184449j:image

しかも、両面とも違うデザイン!とてもおしゃれです!

きくじろう

冷蔵庫に入れちゃうと柄が見えなくなるので、もったいないくらいです。

ポイントは「折り目をつける」

f:id:kikujiro_happy_home:20181210084425j:image

厚みがある紙でとてもしっかりしていて、自立しやすいです。一度冷蔵庫の中に入れてみて、希望の高さで折るなどをつけます。

印をつけたら取り出して、印をつけたところで折り目をつけましょう

きくじろう

高さを微調整するときに、扱いやすくなります。

上段・下段ともぴったり

f:id:kikujiro_happy_home:20181210084422j:plain

上段には小さいサイズ、下段には大きいサイズを、一度置いてみたあと高さを調整しました。

すっきりです!この収納のいいところは、汚れたら洗わずに取り換えればOKなところ。めんどくさがりにぴったりです(笑)

上段の手前の隙間には、ゴボウや長ネギを入れることにしました。今までは下段に入れていたのですが引き出しても見えないので、ミイラ化することが多かったので、

  • 開けたときにすべての野菜が見えるようにする
  • 奥の物は一部でも見えるようにする

を気を付けて、入れ方にも工夫しました。

開けたときに動いてしまうので、紙袋の下に滑り防止用マット(こちらもダイソーで購入)をしきました。

掃除も楽、ムダ野菜もなくなる

この収納にしてから1カ月経ちましたが、掃除も楽ちんムダ野菜も減りました。

まとめ

  • 冷蔵庫の野菜室仕切りは、ダイソー「紙製ストッカー」がおすすめ
  • 一度希望の高さで折ってから、冷蔵庫の中で微調整する
  • 一部でもよいので、引き出しを開けたときにすべての野菜が見えるように入れる

プロのシェフに褒められた収納実例はこちら↓

在宅勤務スペースがなかったので一戸建てに引っ越しました↓

スポンサーリンク

-収納
-