MENU
Category
森のしずく紹介コードはこちら Click

【失敗したくない】家も家電もパナソニックでも大人気洗濯機「キューブル」を絶対買わない理由4つ

当ページのリンクには広告が含まれています。
パナソニック洗濯機キューブル
Contents

キューブルは楽家事に不向き

ブラックが発売になった、パナソニックのおしゃれな人気洗濯乾燥機「キューブル」

生活感を全く感じさせないそのおしゃれなデザインで口コミでも大人気ですが、家事で楽をしたいワーママにはおすすめしません。理由は下記の4つ。

  • 乾燥時の電気代が他の洗濯機の3倍
  • 容量が少ない
  • 乾燥に時間がかかる
  • 本体価格が高い
きくじろう

楽家事を希望のワーママには、同じパナソニック製品のLXシリーズがおすすめです。

この記事では、キューブルをおすすめしない理由について詳しく説明します。

こんな人に向けて書きました

  • キューブルを買おうかどうか迷っている
  • キューブルとパナソニック LXシリーズの違いが知りたい
  • キューブルが自分の生活スタイルに合っているかを知りたい
この記事を書いた人
この記事を書いた人:きくじろう
  • フルタイムで働く3人子育て中ママ
  • 見た目でごまかす家づくりを発信中
  • 日経MJ新聞、読売新聞、iRobot社などメディア掲載多数
    メディア掲載情報

キューブルをおすすめしない理由4つ

まず初めにお伝えしておきたいのは、私は「アンチパナソニック」ではないということです。むしろパナソニックの大ファン
どれくらいかというと、意図してパナソニック製品を選んでいるわけではありませんが、洗濯機をはじめ冷蔵庫、テレビ、エアコン等、気が付けばパナソニック製品を選んでいます。家すらパナソニック(パナソニックホームズ)です。
それくらい、パナソニック製品は我が家の求めるデザインと性能のバランスがとれていて、理想に合った製品ばかりです。

パナソニックの人気のドラム式洗濯乾燥機は、

  • キューブルシリーズ(以降、キューブル)
  • LXシリーズ(以降、LX)

です。2回の洗濯機買い替えタイミングでキューブルも候補に挙がりつつも、最終的に購入したのはLX。

私が家電を選ぶポイントの1つは生活感を感じさせないデザインであることですが、それでもこのおしゃれ洗濯乾燥機「キューブル」は購入しませんでした。

このキューブルとLXの2機種を比較しながら、キューブルを購入しない4つの理由を詳しく説明します。

乾燥時の電気代が最大3倍

電気代がかかる

乾燥方式は、キューブルはヒーター式、LXはヒートポンプ式です。一般的に、ヒーター式の方が月々の電気代は高くなります。

各モデルの最上位機種を比較した場合、LX(NA-LX129BL)とキューブル(NA-VG2700L)の1回の乾燥でかかる電気代は下記表のとおりです。

スクロールできます
商品乾燥方式乾燥1回あたりの
電気代(※)
年間電気代
(1日1回乾燥の場合)

キューブル
ヒーター式約54円
(定格5kgの場合)
19,710円

LX(通常コース)
ヒートポンプ式約25円
(定格6kg)
9,125円

LX(省エネコース)
ヒートポンプ式約17円
(定格6kg)
6,206円
キューブルとLXの乾燥電気代比較

※電気代はパナソニックのHPより抜粋

キューブルの乾燥時電気代は、LX通常コースの2倍かかることがわかります。1年間の電気代で比較すると、約1万円も差が出ます。

さらにLXの省エネコースだと差はさらに開き、キューブルとの差は約1万3000円。キューブルはLX省エネコースの約3倍以上電気代がかかる計算になります。

きくじろう

1日1回でこんなに差があるなら、1日2回乾燥まで回している我が家の場合はもっと差が出ます。

我が家のように、基本的に洗濯は乾燥まで洗濯機にお任せしっぱなしの家にとっては、キューブルの月々の電気代はかなりの負担になります。

容量が少ない

一般的に、1日の洗濯量は、1人約1.5kgといわれています。4人家族だと単純計算で約6kgになりますが、タオルなど家族共通で使用する物やまとめ洗いのことなどを考えると、ファミリーで使う洗濯機は8kg以上はほしいところ。

キューブルの容量は、7kgと10kgの2種類。「家族4人なら、大容量タイプを買えばOK!」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

実はこの容量は「洗濯・脱水」の容量なんです。

きくじろう

乾燥容量は、別項目で記載しているメーカーが多いのでご注意ください。

一般的に、乾燥容量は洗濯容量の半分。キューブルの2つのモデルの各乾燥容量は、3.5kgと5kg。そう、大容量タイプのキューブルでも、家族全員分の洗濯物を乾燥までかけようとすると、容量が足りないんです。

こまりさん

でも、洗濯機に入るならそのまま乾燥させちゃってもいいんじゃない?

そう思うかもしれません。ただ洗濯機に規定容量以上の洗濯物を乾燥させようとすると、

  • 時間がかかる(電気代も余計にかかる)
  • 生乾きになる
  • エラーになり、乾燥自体ができない

悪いことばかりなのでおすすめしません。

我が家の場合キューブルだと1日3回以上洗濯機を回すことになり、家事で楽をしたい私にとって手間が増えるので購入を見送る理由の1つになりました。

どうしてもキューブルが欲しい人

「乾燥まで洗濯機にお任せだけど、どうしてもキューブルが欲しい!」という人は、

  • 2回以上に分けて洗濯する
  • 乾燥は幹太くんなどの乾燥機を利用する

を検討しましょう。

乾燥が遅い

次は乾燥時間を比べてみます。

商品乾燥時間

キューブル
最上位機種:NA-VG2600L
195分

LX
最上位クラス:NA-LX129AL
ミドルクラス:NA-LX127AL
98分
(標準コース)
キューブルとLXの乾燥電気代比較

キューブルの乾燥時間は、約3時間。一方LXの乾燥時間は、標準で約1時間半。なんと、キューブルの乾燥時間はLXの2倍です

こまりさん

1時間半くらいならあまり変わらないんじゃない?

就寝中に乾燥する人にとっては、これくらいの差は全く問題ありません。でも子供がいると、朝起きたときに「体育着を洗うのを忘れてた!」「プール用のバスタオル、今日も使うんだった!」と気が付くことがあります。

きくじろう

親子そろってずぼらで忘れんぼなので、過去に何度も経験があります。

そんなとき、1時間半の差はかなり大きいです。我が家はLXなので、体育着やバスタオルだけであれば洗濯から乾燥まで動かしても登校する時間までに間に合います

こまりさん

LXなら洗濯から乾燥まで1時間半なので、朝6時に洗濯し始めても登校前に洗濯し終わるわ!

キューブルだと「家を出る時間までに洗濯が終わらない!」そんなことも起きる可能性があります。

本体価格が高い

一般的に、洗濯乾燥機はヒーター式(キューブルなど)よりヒートポンプ式(LXなど)の方が高額です。理由は、ヒーター式と比べて高機能なので仕組みが複雑なためです。

きくじろう

名前が似ていてわかりにくいですが、「ポンプは高い」と覚えるとよいです。

ヒーター式と比べたときのヒートポンプ式のメリット
  • 乾燥の電気代が安い
  • 乾燥時間が短い
  • 衣類の縮みが少ない
  • 乾燥中にドアを開けられる

各社とも最上位機種はほとんどがヒートポンプ式です。

2023年11月12時点でのビッグカメラでのドラム式洗濯機の売れ筋ランキング上位10位は以下のとおりです。

スクロールできます
順位メーカー製品名乾燥方式洗濯容量乾燥容量価格備考
パナソニックLXシリーズ NA-LX129CL-Wヒートポンプ12kg6kg368,280円
シャープES0S7H-WLヒーター7kg3.5kg151,800円少人数向け
シャープES0S7H-WRヒーター7kg3.5kg151,800円
少人数向け
日立BD-STX130JL-Wヒートポンプ13kg7kg368,280円
パナソニックキューブル NA-VG2800L-Kヒーター10kg5kg320,880円
パナソニックLXシリーズ NA-LX113CL-Wヒートポンプ11kg6kg248,490円
パナソニックLXシリーズ NA-LX125CR-Wヒートポンプ12kg6kg288,090円
パナソニックLXシリーズ NA-LX125CL-Wヒートポンプ12kg6kg288,090円
日立BD-SV120HL-W【アウトレット】ヒーター12kg6kg199,980円アウトレット
10日立BD-SG110JL-Wヒーター11kg6kg225,520円
各製品の比較

上記のうち、4人家族向けの洗濯容量10kg以上の洗濯乾燥機の平均価格は下記のとおりです。

  • ヒートポンプ式・・・約32万円
  • ヒーター式・・・約22万円

一方、ヒーター式のキューブルは約32万円。キューブルは他のヒーター式洗濯機よりも10万円以上高く高機能なヒートポンプ式と同等価格ということになります。

こまりさん

どうしてキューブルはヒートポンプ式と同じくらい高いなんだろう・・・

売り場の方に聞いたところ、10万円という金額は「デザイン料です!」とはっきりおっしゃっていました。続けてキューブルの推しポイントを聞くと、やはり「デザイン」。

確かに、キューブルはおしゃれ。私もすごく好みのデザインです。そして私には想像もつかないくらい、プロのデザイナーさんが時間と労力をかけて考えられています。当然、相応の対価があるべきだとわかります。

きくじろう

でも機能とのバランスを考えると、一般人の私にはデザイン料に10万円を払う決断はできませんでした。

キューブルはずぼらには向いていない

キューブルをオススメしない理由をまとめます。

キューブルをおすすめしない理由
  • 月々の電気代が高い(LXの2倍)
  • 乾燥容量が少ない(3人向け)
  • 乾燥に時間がかかる(LXの1.5倍)

我が家の家族構成(5人家族)、生活スタイル(毎回乾燥を使う)、洗濯回数(1日2回以上)を説明したとき、パナソニックの販売員さんに言われた一言「おすすめしません」。

私のような人には、キューブルは向いていないので、LXを購入しましょう。

キューブルが向いている人キューブルが向いていない人
デザイン重視
黒いカッコイイ洗濯機が欲しい
家族は3人以内
乾燥はほぼ使わない
乾燥は時間がかかってもよい
価格重視
いつも乾燥まで洗濯機にお任せ
家族は4人以上
なるべく家事は楽をしたい
月々の電気代をおさえたい
乾燥時間は短いほうがよい
注意
  • 乾燥にかかる電気代が高い
  • 乾燥に時間がかかる

この2つのデメリットは、キューブルに限ったことではありません。ヒーター式洗濯乾燥機の仕組みによるものです。

これらが気になる人は、各メーカーのヒートポンプ式洗濯乾燥機を購入しましょう。

▼LXシリーズ(ヒートポンプ)の価格を知りたい人はこちら

▼CUBLE(ヒーター)の価格を知りたい人はこちら

洗濯機は高額で、長く使う大切な生活家電。ご自分の生活スタイルや家族構成に合った洗濯機を選んでくださいね。

30年間床をキレイにしていたい人向け

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パナソニックホームズで家を建てた、フルタイムのシステムエンジニアママです。
急な来客にも慌てない、家事を楽にする工夫をリアルな家の中の写真と共に発信しています。
生活情報サイト「ESSEonline」では「稲葉かすみ」という名前で記事を執筆しています。

コメント

コメントする

Contents