片付けが苦手なワーママ、モノトーンインテリアをめざす

片付け下手なワーキングマザーが「片付けなきゃ」というプレッシャーから解放されるべく、フルタイムで働きながらいつでも人が呼べるような、すっきりした「やわらか」モノトーンインテリアを目指しています。ときどきディズニーや映画ネタなども。

バルミューダのトースターを長もちさせる2つのポイント

おしゃれトースターの代名詞「バルミューダ」 

 こんにちは、きくじろうです。

 

おしゃれなトースターと言って思いつくのはどのトースターですか?

 

バルミューダは、その筆頭と言っていいと思います。

 

f:id:kikujiro_happy_home:20180306130221j:plain

※画像はHPよりお借りしました。

 

そのデザイン焼いたパンのおいしさから絶大な人気を誇り、約25,000円という一般的なトースターと比べると10倍もする高級商品ながら、某家電量販店では売り切れで入荷待ちの日が続いているそうです。

 

 

水を入れてスチームにより焼き上げることで外はサクサク、仲はふんわり焼き上げるトースターです。

 

実質使用期間は1年?!

でも、Amazonや楽天を見ると、「1年くらいでスチームが出なくなった」という口コミをよく見かけませんか?

 

先日、アラジンのトースターを買ったのですが、まだバルミューダかアラジンで迷っているとき、〇ドバシカメラの販売員さんにバルミューダのトースターを長く使うポイントを聞いてきました。

 

ポイントはたったの2つ

そちらをご紹介します!

 

我が家にアラジンのトースターがやってきた喜び(笑)についてはこちらに書いてます↓

 www.kikujiro-happy-home.com

 

ポイントは2つ

 このおしゃれで高機能なトースターを長く愛用するポイントはたったの2つです

 

バルミューダのトースターの特徴である「スチーム」の機能。

どうやら、このスチーム部分の使い方が長もちさせる秘訣のようです。

 

水は「原水」を使う

付属のカップなどを使ってトースターに水を入れるのですが、その際に浄水ではなく原水を使うのがポイント。

 

浄水はミネラルなどが多く含まれるため、使い終わって乾燥する際、そのミネラルが結晶化してつまってしまうそう。

 

そのため、必ず原水を使いましょう。

 

週1~2回パンを焼く

バルミューダは、パン以外のおもちやグラタンを焼くときは、クラシックモードで焼きます。

この場合はスチーム(水)を使いません

 

というか、使ってはいけないようです。

 

クラシックモード(300W、600W、1300W)使用時は水を入れないでください。クラシックモードを使用する際に水を入れるとボイラートレイに水が溜まり、故障の原因になります。

 

なので、パンをあまり焼かないと必然的に水を使わないことになります。

そうすると、水の通るパイプにたまった水の成分が固まって、パイプの水の通りが悪くなってしまうんだそうです。

 

つまり、1週間に1~2回程度、パンを焼くようにすれば水を使うことになり、パイプを水が通るので中のミネラル分を流してくれるため、パイプがつまりにくくなります。

 

バルミューダを長く使おう

「原水を使う」「1週間に1~2回パンを焼く」。

この2点を守れば、それほど早く故障することはないそうです。

 

せっかくのおしゃれで高機能なトースター。

長く使いたいですよね!

 

バルミューダをお使いのみなさん、買おうかどうか迷っているみなさんの参考になれば嬉しいです☆

 

 

 

◆RoomClipやってます。

 他の方の素敵なおうちの中がたくさん見れます☆

roomclip.jp

 

◆楽天ROOMやってます。

モノトーンアイテムを中心にいろいろご紹介しています^^
room.rakuten.co.jp

 

◆ランキングに参加しています。

 ポチしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村